脱原発社会をめざして 女川原発を廃炉に!

風の会・公開学習会 VOL.5 講師:長谷川公一さん「これからの原発問題を考える」 ―電力小売全面自由化、そして核廃棄物問題などー

  • HOME »
  • 講演・イベント情報 »
  • 風の会・公開学習会 VOL.5 講師:長谷川公一さん「これからの原発問題を考える」 ―電力小売全面自由化、そして核廃棄物問題などー

風の会・公開学習会 VOL.5 

「これからの原発問題を考える」 ―電力小売全面自由化、そして核廃棄物問題などー

講師:長谷川公一さん

vol.5

5回目となる「風の会・公開学習会」ですが、今回は満を持して長谷川先生にお願いしました。日本学術会議でも奮闘されている長谷川さんのお話をじっくり聞けるチャンスですので、是非足を運んでいただければと思います。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

風の会・公開学習会 VOL.5

 

「これからの原発問題を考える」 ―電力小売全面自由化、そして核廃棄物問題などー

講師:長谷川公一さん(東北大学大学院文学研究科教授、社会学博士。専門は、環境社会学、社会運動論、市民社会論)

 

日時:2015年6月13日(土)1830分~2030分               

会場:仙台市戦災復興記念館4階第1会議室(定員60人)

 

参加費:300

主催:みやぎ脱原発・風の会

(連絡先 090-8819-9920 舘脇 hag07314@nifty.ne.jp

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 川内原発や高浜原発の再稼働を皮切りに、政府は原発の「復活」を狙っています。ただ、福島原発事故後は世論が再稼働を許していないだけではなく、制度の上でも原発・エネルギーについて事故以前から大きく変化しようとしています。そうした微妙な立ち位置にある原発再稼働問題を、2016年の電力小売り市場の自由化、電力システム改革、日米原子力協定(2018年更新期限)の更新問題、日本学術会議による高レベル放射性廃棄物の「暫定保管」案など、最新の状況を踏まえて、多面的に検討していきたいと考えます。講師にはこの問題の第一人者である長谷川先生をお招きしました。マクロな政策の視点から原発・エネルギーについて改めて捉える絶好の機会ですので、ぜひご参加ください。

 

(主な内容)

・政府案 2030年原発比率2022%の根拠と問題点

・電力自由化・電力システム改革の原発への影響

  1)原発再稼働への影響

  2)六ヶ所村再処理工場への影響

・日米原子力協定(2018年更新期限)の更新をめぐって

・高レベル放射性廃棄物の「暫定保管」案をめぐって

講演・イベント情報

講演・イベント情報

Copyright © みやぎ脱原発・風の会 All Rights Reserved.