脱原発社会をめざして 女川原発を廃炉に!

◎6月13日 東北電力に要望書が提出されました

http://homepage3.nifty.com/gatayann/110613petition.pdf

提出団体 三陸の海を放射能から守る岩手の会など
賛同団体 みやぎ脱原発・風の会など

東北電力株式会社 社長 海輪 誠 様
要  望  書
東北地方太平洋沖地震の余震が頻発し、また、M8を超える余震が起こる可能性が否めない現在、東京電力福島第一原子力発電所の重大事故の再来を防ぐ観点から、女川原子力発電所並びに東通原子力発電所の安全性について至急抜本的に見直し、余震やそれによる津波被害を想定し、①耐震②津波③電源喪失についてなど、二重三重の安全対策を施し万全を期すこと。万全の安全対策について東北各県毎に複数の主要な所で説明会を開催すること。
原子力発電の安全に関し、福島第一原子力発電所の重大事故の全容が解明され、事故処理が完全に行われて、避難生活を余儀なくされた福島県民すべてが、事故前の生活を取り戻すことが確認できるまでは新たな原発の建設計画を凍結させ、停止中の原発を稼働させないこと。

社会への提言

社会への提言

Copyright © みやぎ脱原発・風の会 All Rights Reserved.