脱原発社会をめざして 女川原発を廃炉に!

「子どもたちと妊産婦を放射能から守る宮城県連絡会」の太田茂樹代表のお礼と当会代表のコメント

  • HOME »
  • 社会への提言 »
  • 「子どもたちと妊産婦を放射能から守る宮城県連絡会」の太田茂樹代表のお礼と当会代表のコメント

「子どもたちと妊産婦を放射能から守る体制の確立を求める請願書」が7/4日の保健福祉委員会での全会一致での採択に続き7/6日の本会議でも無事全会一致で採択されました。
前回の35団体の共同請願として提出した2月議会では残念ながら継続審議になってしまっていましたが、今回はさらに増えて92の参加団体の声(子どもたちと妊産婦を放射能から守る宮城県連絡会)として提出された私たちの思いがようやく県議会へも届きました。
とはいえ、これはゴールではなくようやく健康調査・被ばく線量調査へのスタートラインにたったにすぎません。これからも粘り強く訴え続けていかなくてはいけませんし、県議会の皆さんにもこれを実現させるべく県行政をしっかりと注視していっていただきたいと思います。
しかし県議の皆さん全員が請願の趣旨に賛同して頂いたということは本当に本当に大きな一歩だと思います。
請願に参加して頂いた92団体の皆様、請願を採択して頂いた県議会の皆様、そしてここまでご尽力頂いた関係者の皆様、に感謝申し上げます。
国会でも6月に全会一致で「子ども・被災者支援法」が成立しました。こちらの方も具体的な詰めに向けて急ピッチで動いているようです。こちらとも連動しながら出来るだけ広範囲の人たちがきちんとしたサポートを受けられるよう皆で声をあげていきましょう。 今後ともよろしくお願いいたします。
子どもたちと妊産婦を放射能から守る宮城県連絡会    代表  太田茂樹

7月6日の6月宮城県議会最終日の本会議で、私たちの提出していた「子どもたちと妊産婦を放射能から守るための体制の確立を求める請願書」は、どの議員からも異議が出されることなく全会一致で採択されました。
共同請願として県議会に提出すべく、本格的に取り組みを始めたのが1月半ばですから、採択されるまで半年かかりました。
いろいろと紆余曲折がありましたが、これだけの時間をかけて議論を重ねたうえで、超党派での請願採択を実現出来たことは、請願そのものの重みも違いますし、これからの行動の力にもなると感じています。
まず2月議会への請願提出前の2月23日に、25人の県議さんの参加を得て請願の趣旨説明会が開催出来、議員さんたちに請願の内容について理解を深めてもらえたこと、また3月15日の保健福祉委員会で参考人聴取が実現し、有識者会議の久道茂座長と石井慶造委員そして東北大薬学部の吉田浩子講師から意見を聞けたことが、何よりも大きかったと考えています。
そしてそれを受けて、保健福祉委員会の議員さんたちが国の復興庁と復興局まで、要請行動に出向いてくれました。
これらの動きを受けて、2月議会では実現できなかった「超党派の紹介議員の署名を得ての請願提出」という目標を、6月議会ではクリヤーすることも出来ました。
共同請願に加わる団体も35団体から92団体へと、県内全域をカバー出来るものとなり、請願の声の広がりを示すことも出来ました。
請願は全会一致で採択されました。県議会での決議としてそれなりの重みがありますし、県の執行部に対して無言の圧力にはなります。保健福祉委員会が開かれるたびに、請願の求めたことの進行状況を県の執行部に質すことも出来るでしょう。
しかし請願の内容がすぐさま実現に向かうというわけではありません。
本会議での請願採択が実現した後に、担当部局の保健福祉部の岡部部長と環境生活部の本木部長が意見交換会に応じてくれて、紹介議員になってくれた議員さんたちと保健福祉委員の議員さんたちも同席してくれました。その話し合いの場所で明らかになったことは、両部長さんの放射能汚染、被ばくによる影響、リスクコミニュケーションのあり方などに対する理解度が甘いというよりも、私たちとは違う立ち位置になっているということでした。
県行政を動かすためには、これからも粘り強く働きかけを続けて行くことが必要です。
国会でも超党派で「東京電力原子力事故により被災した子どもをはじめとする住民等の生活を守り支えるための被災者の生活支援等に関する施策の推進に関する法律」(略称 子ども・被災者支援法)が成立し、それを具体化する取り組みが始まっており、それと連動する形で私たちも請願を具体化させる取り組みを強めることが求められています。
何としても放射能の被害から子どもたちとこれから生まれて来る子どもたちを守って行かなければなりません。

みやぎ脱原発・風の会代表 篠原 弘典

社会への提言

社会への提言

Copyright © みやぎ脱原発・風の会 All Rights Reserved.