脱原発社会をめざして 女川原発を廃炉に!

風の会公開学習会vol.4「放射能と私 医師として釣り師として」原爆から原発へ~

  • HOME »
  • 社会への提言 »
  • 風の会公開学習会vol.4「放射能と私 医師として釣り師として」原爆から原発へ~

4月19日、風の会公開学習会vol.4「放射能と私 医師として釣り師として」原爆から原発へ~ を行いました。
講師の水戸部秀利さんは医師として広島・長崎の被爆者と向き合ってこられた経験や知識から、いかに原爆の被爆者が苦しい・悔しい思いを抱きつづけてきたか、そして国はひばく認定をいかに狭めてきたかを客観的な資料を基にお話しされるとともに、釣り師として海を愛してこられたが故に、汚染水垂れ流しを含めた福島原発事故による放射能汚染への不安と怒りを語り、「私たちは過ちを犯すことがある しかし、きちんと反省しそれを繰り返さないことが未来への知恵とモラルである」と訴えられました。

当日の資料はこちら
放射能と私(資料)
動画はこちら
https://www.youtube.com/watch?v=UEfjioqDywI

社会への提言

社会への提言

Copyright © みやぎ脱原発・風の会 All Rights Reserved.